ぱぐログ!

増えに増えた体重を落とすべく、根性ナシでも出来るダイエットにチャレンジしまーす

目の周りや首にできるイボにアプリコットカーネルオイル!体験談

   

目のまわりや首、胸元にポツポツとできるイボ、意外と悩んでいる人って多いようです。

私も悩んでいるというほどではないですが(病院でレーザーや液体窒素で焼こうとまでは思ってないですし)20代前半からどんどん増えて、正直ウンザリしてました。

By: t-mizo

去年の夏頃から元々あったイボが段々大きくなったこともあって、さすがに目立つし、洗顔時やスキンケアの時にいちいち手にあたるのが不快になってきました。

スキンケアは基本的に化粧水+オリーブオイルだったのですが、オリーブオイルを使い終わったのを機に、イボに良いと噂のアプリコットカーネルオイルに鞍替えしました。

 

アプリコットカーネルオイル(杏仁油)とは?

とりあえず、ということで生活の木の「アプリコットカーネルオイル」を購入。

生活の木 アプリコットカーネルオイル 25ml

アプリコットはアンズのことで、アンズの種子の中にある仁を圧搾して作られたオイルです。

使用感はオイルの割にはサラッとしていて、生活の木のアプリコットカーネルオイルに関しては香りもほとんどありません。強いていうならすごく薄いナッツ系の香りかな?香りに敏感な人も抵抗なく使えると思います。

 

アプリコットカーネルオイルの美肌に効く成分

アプリコットカーネルオイルの主要成分は、オレイン酸(約65%)、リノール酸(約28%)、パルミチン酸(3~7%)、その他(ステアリン酸、パルミトレイン酸…0~3%)という構成です。(西東社「アロマテラピーの基礎辞典」より)

・オレイン酸…人の皮脂に最も多く含まれる脂肪酸。そのためオレイン酸は人の肌に最もなじみやすいといわれている。あらゆる脂肪酸の中で一番酸化しにくい

・リノール酸…角質細胞間脂質であるセラミドの構成成分。肌なじみがよく、角質から水分が蒸発するのを防ぐ。肌を柔軟にする働きがある。

・パルミチン酸…紫外線から肌を守り、シワを改善する。

・ステアリン酸…動物性・植物性の脂肪に最も多く含まれる飽和脂肪酸。抗酸化作用がある。

・パルミトレイン酸…別名・若さの脂肪酸。皮膚の老化を防ぐ。元々人体にある脂肪酸ですが加齢と共に減少する。

肌を柔らかくし、若さを保つ美肌効果が期待できるオイルなのです。

 

で、効いたの?

「はい、効きました」

全部とれたわけではないので、人によっては『こんなもん効いたうちに入らん!』と思う人もいるかもしれませんが、私にとっては十分な効果です。これからも使う価値はあると思ってます。

首に出来ているごく小さなイボはオイルを使ったマッサージ中にこんな風にとれることもあります。

イボがとれた!

イボがとれた!

目の周りのイボはポロっととれるということはなくて、①イボ表面の皮膚が段々硬くなる→②洗顔中に皮膚がふやけて少しはがれて柔らかくなる→①②の繰り返しという感じで膨らみが少しずつ平らになっていくパターンでした。

目の周りのイボ

いやー、見苦しくてすみません!ホントにイボだらけなんですよ…orz ↑の画像は、マッサージを始めて1週間くらい経った時にイボの表面の皮膚がはがれ始め、すでにこれでも小さくなりはじめた状態。効き目あるかも、と思って慌ててスマホで撮りました。

目の周りのイボ改善

小さなイボは全然取れてないんですけど、私としては気になっていた大きいものが2か所取れて皮膚がたいらになり、目立たなくなったので良しとしました。

 

アプリコットカーネルオイルの効果的な使い方

洗顔後、化粧水で肌を保湿したあと、アプリコットカーネルオイルをたっぷり手のひらにとり、顔や首全体に伸ばして優しくマッサージ。
イボが気になる部分は指先で軽くクルクルとマッサージする。
マッサージ後は蒸しタオルを当てて終了。

2、3日おきに1ヶ月ほど続けた結果が上の画像です。ズボラなので毎日なんて出来ませんでした~。

 

まとめ

アプリコットカーネルオイルのイボへの効果を期待している人には、私の結果では満足できない人もいるかもしれませんが、わたしの場合はこうだったということで参考にしてください。色んな口コミをみるとキレイさっぱりなくなった人もいるようですしね。

イボの種類やオイルの使用頻度によっても結果は違ってくると思いますので。

イボは気になるけど、レーザーで焼いたりするのはちょっと…と思っているなら、自宅で出来るスキンケアとして、アプリコットカーネルオイルを取り入れるのは是非オススメしますよ。

ただ、イボだと思っていたら違う病気だったということもあるようなので、気になる人はまず病院へ!(´▽`)

 - 目の周りのイボ , ,